読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の真相

知的好奇心を満たすブログ

MKウルトラ計画で洗脳されたレディー・ガガ

フリーメイソン・イルミナティ 陰謀・不思議系動画

f:id:hukurou318:20170124192819p:plain

MKウルトラ計画(Project MK-ULTRA、MKウルトラ作戦とも)とは、アメリカ中央情報局(CIA)科学技術本部がタビストック人間関係研究所と極秘裏に実施していた洗脳実験のコードネーム[1]。米加両国の国民を被験者として、1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで行われていたとされる。
1973年に時のCIA長官リチャード・ヘルムズが関連文書の破棄を命じたものの、辛うじて残されていた数枚の文書が1975年、アメリカ連邦議会において初公開された。


LSDをCIA職員や軍人、医師、妊婦、精神病患者らに投与する実験を行っていた。LSDや他の薬物が常に被験者からの事前の同意なしに投与されていた。そうした行為は、第二次世界大戦後にアメリカが調印したニュルンベルク綱領に違反している。
被験者の「募集」も非合法の手段がしばしば用いられ、更に「被験者の合意(認識)なく、薬物の投与を受ける」という事実を隠蔽して行われた(ただし実験への参加は任意であった)。大掛かりな実験を行うことが多く、77日間連続でLSDを投与したこともある。 LSDを投与して自白を引き出す理論が確立されたころ、敵側の人間に使用する事前予行として、売春婦を用いてギャングのリーダーを誘き寄せ、飲み物にLSDを混入させる実験までも行われた。その実験で、隣室の売春婦と会話する内容を盗聴したところ、「自分や自身の組織が犯した殺人や詐欺など、重大な犯罪について話をした」らしい。しかし、「余りに予想だにしない結果を生む」ということで、結局LSDを使った実験は打ち切りとなった。

イルミナティによるMKウルトラ計画をまとめた動画

www.youtube.com

MKウルトラ計画の被害者であるレディー・ガガの考察

www.youtube.com

広告を非表示にする