読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の真相

知的好奇心を満たすブログ

行動力を身につけ本当にやりたい事に出会う方法

f:id:hukurou318:20160815025207p:plain
イマイチやる気が湧かない。やりたい事が見つからないと悩んでいる人は多いようです。
そんな人にやりたい事を見つけ、行動力のある自分に変わり、ワクワクした毎日を送るちょっとした秘訣をご紹介します。

やりたい事が見つからない貴方へ

そもそもやりたい事とは探して見つけるものではないと私は考えます。
何故なら自分探しの旅に出て自分を見つけて帰ってきた人に私は出会ったことがありません。それと同じでやりたい事、なりたい自分というのは見つけるのではなく出会うという表現が一番しっくりきます。

最初はみんな手探りで計画通りにはいかない

例えば芸能人ややり手のビジネスマンも最初からキャラクターやノウハウが確立していた訳ではありません。
多くの場合、試行錯誤の末に自分を見つけ『自分のやり方』が定まってくるようです。
まず行動に移し、それまでの自分では見えなかった景色を見て、それを繰り返す事で本当にやりたい事が見つかるのではないでしょうか?

打算的に考えるから行動できない

たとえば一撃で再起不能になるほどのリスクがあるならば慎重になるのも分かります。

しかし、多くの場合頭の中でシミュレーションして「これはコスパが悪い」とか「将来的に・・・」とか「成功法則に・・・(ry」等々と考えてしまうから行動できない場合が多いようです。

この場合、完璧な目標達成を諦めるとフットワークが軽くなると思います。

具体的な例

日本一周の旅に出てみたい→でも仕事をそんな長期で休めないし→お金もかかるしなぁ・・・となる前に「よし!まずは実験として近くを2、3ヶ所旅行してみよう!」と目標のハードルを下げてみたり。

プロブロガーになるには記事数と文字数そしてコンテンツの質に拘って毎日更新しなきゃ→はぁ・・・疲れた思いのほか重労働だ→今日更新出来なかった→私には無理だ・・・と考えずに「自分のペースで出来る限り続けてみよう。毎日は出来ないけどやり続ければ味が出るかもしれない」と人と比べるのをやめてみたり。

このように少しハードルを下げたり、人と比べたり世間体を気にせず「少し興味があるしやってみよう」と実験的にでも行動に移し、少しずつ積み重ねていけば目標に近づく事はできそうです。

目標までの道のりを逆算するのはいいが均等には割り振れない

車は発進する時に一番ガソリンを使うそうです。

それは人間も同じで、最初が一番体力を使うんですね。このやり始めの時に他の人と比べちゃうと自己嫌悪に陥りやすいです。「あ~あの人はあんなに活動的で仕事もプライベートも充実している。それに比べ自分はこんな事で根をあげそうになっている」。しかし、ある程度軌道に乗り速度のついた人と、今第一歩を歩み始めた貴方では貴方の方が体力を使っているのです。なので、スピードに乗り始めるまでは無理な目標設定は控えたほうが良さそうです。

具体的な例

例えば50ページの参考書があるとします。これを5日間でやる場合10ページ×5日ではなく一日目は5ページ、その次も5ページ、その次は10ページ、そして15ページ×2日と設定したほうが徐々にスピードを出せて体・精神への負担は減ります。あくまで目安ですが。

修学旅行の夜の悪巧み

やっぱり人間って何歳になってもワクワクしたいですよね。そしてそのワクワクが原動力になる。
小学校の時にリスクとか法則を気にしていましたか?ワクワクするからやる!ただそれだけですよね。

大人になってもそのワクワクを大事にしたいものです。
とりあえずやってみる。思っていたのと違う、面白くないと感じればやめればいい。面白いけど結果が出ないのであれば自分のペースで続けて試行錯誤すればいいんです。
すごく単純ですが子供の頃に戻って、シンプルに思考と行動をしてみるのも良い方法ではないでしょうか?

広告を非表示にする