世界の真相

知的好奇心を満たすブログ

大人になりたくてなったわけじゃないけど

f:id:hukurou318:20170316054824p:plain
月日が経つのは早いもので風俗経営からアフィリエイターに転身してから6年が経ちました。
つれない奴でもしょうがない。やることがたくさんあるから。なんか大人になるのって損じゃない?と思う今日この頃です。
私はアフィリエイターやブロガーという意識は無く超リアリストとして執筆しています。
人間は必ず死にますが、死んだ後のことを考えられるのが人間の器だと思っています。


大人という意識は無い

精神的に成長するために禅や瞑想を取り入れ、思考を深めるという事を意識して生きているのですが、大人になったという感覚はイマイチありません。もちろん成人男性といしての責任は全うするつもりですが、自己を成長させることに重きを置いています。
宗教的に言えば「山の業」で得た悟りを「里の業」で教え広め、人に教える事でさらに精神成熟度が増すと考えられています。
hukurou318.hatenablog.com

私の場合「里の業」はブログである

啓蒙活動をできる程、私は立派な人間ではありません。しかし、思うのです。未熟な人間だからこそ、その成長過程で伝えられることがあるのではないか?と。
ですので私はこの「世界の真相」というブログと共に成長していくのではないかと。

貴方の人生にも色々あったように、私の人生にも色々ありました。
100万人なら100万のストーリー。私にしか伝えられない事があると信じて、情報を発信して、そしてそれが未来の子供達の目に光を映すことができれば私は「死」を許されるのではないかと考えています。

一人十殺と一人十衛

陸軍大将の栗林 忠道氏が残した言葉「一人十殺」。一人で十人の敵を殺すまで死を許さないという考え方です。しかし今は時代が違います。なので一人十衛、いやネットがあるこの時代ですから一人百衛ですかね。100人を救う事で、100人を導くことで未来の子供達につながり「死」を許されるのかなと思っています。別に死にたい訳ではないのですが。

生まれてきたからには使命がある

それは人それぞれ違いますし、身近な人を救う事から国を変える事まで。大なり小なり何かの使命があると思うのです。
それが何かは分かりませんが、私も試行錯誤しながら歩んでいこうと思います。
月~土は働き日曜日、つまりHolidayは神に祈る。

Holidayの言語はHoly Dayからきていると言われていますから。