読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の真相

知的好奇心を満たすブログ

【閲覧注意】人肉食と近親婚【異様な家系】

異様な事件

f:id:hukurou318:20141213004907p:plain
今回の話題はすこし刺激の強い内容になるかと思います。
苦手な方はご遠慮下さい。


世界でもっとも有名な近親婚とカニバリズム

f:id:hukurou318:20141213000430p:plain
皆さんはソニー・ビーンという人間をご存知ですか?
14世紀~15世紀のスコットランドで、近親相姦により48人の大家族となった一族が世間との交流を断ち、洞窟に隠れ暮らしていたという伝説があります。一切の教育を受けなかった子ども、孫世代は言葉も満足に話せなかったが親に絶対服従し、生きるために人を殺してその肉を食べながら生き延びていたのだという。

ソニー・ビーンの生い立ち

f:id:hukurou318:20141213000622p:plain

14世紀後半にスコットランドイースト・ロージアンで生まれたアレクサンダー・"ソニー"・ビーンは幼少期から過酷な労働を強いられ、父親の都合のよい息子に育てられました。
暴力も振るわれ暗い幼少期を過ごしていたそうです。
そんな環境の中、労働に精を出せるわけもなく群落の一員として働くことを放棄します。

魔女アグネス・ダグラスとの出会い

アグネス・ダグラスと知り合い意気投合します。アグネスは魔女だったとされており、次第に「人間を生贄にしたり、魔法で悪魔を呼び出している」と非難する声が高まったため、2人は群落を逃げるように離れた。
ソニーとアグネスは南スコットランドを移動し、目に付いた旅人を襲い金目のものを盗むという盗賊のような生活を送っていました。ソニーが人肉を食べるようになったのはこの頃だと言われています。盗んだものを近場の村で売ると足がついてしまうため2人は最初絶食し耐えかねた魔女のアグネスが「カニバリズムがすべてを解決してくれる」とそそのかしたというのです。

アグネスはソニーと出会う前から魔女の儀式の一環として人肉を食べており、カニバリズムに対する恐怖も抵抗も罪悪感も全くなかったようです。2人は無駄に人を殺して食べることはせず、お腹がすいたときだけ、自分達の存在を知られないよう「動物に襲われ食べられたように」細工をし気を配ったといいます。

洞窟での生活

移動しながらの盗賊生活を続けていた二人はサウス・エアシャー海岸に、満潮時には入り口が海面下に隠れる洞窟を発見。ここなら誰にも見つかる心配がないと大喜びし、この洞窟に定住するようになりました。

2人は相変らず周辺を通りがかった旅人を殺し食べるという暮らしをしていたが目撃者がいないよう細心の注意を払い一人旅をしている者しか狙わなかったようです。遺体は洞窟の中に運び干物にしたり塩漬けにしたりして長く食べられるようにし外に証拠を残すようなことはしませんでした。

被害者の金は近くの村で必要なものを買うため使ったが、私物は金目のものでも足がつくため使わず洞窟の中に隠していました。

近親婚の始まり

次第に安定した生活を送れるようになった二人は子作りに励みます。

その結果、息子8人、娘6人を儲けました。そして、カニバリズム・カルトのような環境で子供たちは育てられ言葉も喋れず、文字も書けない獣のような集団になって生きます。
人員が増えた分、狩りも以前より楽に行えるようになり、ソニーは子供達に子供を作るように命じます。近親婚の始まりです。

最終的には48人の大所帯になったと言われています。


終焉を迎えるソニー一家

なんと25年間も洞窟でくらしていたソニー達は未だに人間を食べる事をやめていませんでした。
しかし、48人もの大所帯。消費する食料の量も増え、次第に村人達の間で「人食い族がいる」などの噂も立つようになってきて村人達はピリピリしていたようです。

25年の間に誰にもばれることなく1000人以上を殺してきたと伝えられるソニー一族だったが、1430年頃ミスを犯してしまいます。「簡単に殺せる」と狙いを定めた馬に乗り移動中の夫婦のうち、夫の方が刀やピストルなどの武器を所持しており、彼らにはむかってきたのだ。妻の方はすぐに馬から引きずり下ろされ、腹をすかせた者によりその場で体の一部を食べられ絶命したが、夫は足などをかじられながらも必死に抵抗して逃げることに成功。その直後、集団が歩いてくるのを見て、一族は妻の遺体を放置したまま洞窟に逃げ帰った。夫は集団に助けを求め、妻の遺体を地元の役所に運び「人食い族に教われ、妻が殺され食べられた」と訴えた。驚愕した役所は国王に報告。スコットランド国王ジェームズ1世は、すぐに400人の武装した兵を現場に向かわせ、大規模な人食い族ハンティングを行った。

 人の目につかない洞窟の我が家に息を潜め隠れていたソニー一族だったが、臭いをかぎつけた犬によりあっけなく発見されてしまった。洞窟に乗り込んだ兵隊は強い吐き気に襲われた。鼻にツンとくるすえた臭いと腐敗物の臭いとが混じり、耐え難い悪臭が充満していたからだ。洞窟の中には乾燥させるため上から吊るされた無数の人肉の下に、煌びやかな宝石や髪留めなどが散乱し、何とも異様な光景が広がっていたという。

 抵抗することなく兵隊に捕獲されたソニー一族は、チェーンで繋がれスコットランドの首都エディンバラに連行された。あまりにも極悪で非道的だとして裁判は行われず即公開死刑が宣告され、男たちは両手両足を少しずつ切断され失血死に処された。そして、女子供たちは男たちが処刑される様子を見るよう強制された後、火あぶりの刑に処された。

広告を非表示にする