読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の真相

知的好奇心を満たすブログ

謎の衛星ブラックナイト(黒騎士)は宇宙ゴミなのか

f:id:hukurou318:20160826184755p:plain

約1万3000年前から地球周辺を飛行しているというブラックナイト・サテライト
これについては憶測や誤解も生じているので今分かっている事を簡潔にまとめます。


1万3000年前からというのは誤解

1973年、スコットランドの天文研究者でSF作家のダンカン・ルナンは1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析し、信号は13,000年前から月の近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであり、探査機の起源をうしかい座イプシロン星(イザール)であると推定した。これが引用され「ブラックナイト衛星は地球外生命に由来し、13,000年にわたって地球を周回している」という説の根拠とされている。しかしルナンは少なくとも地球を周回する衛星については言及しておらず、探査機の位置は月と地球のトロヤ点だとする。またブラックナイト衛星については自分とは無関係のナンセンスだとコメントしている。 

wikiより抜粋

つまり、1万3000年前というのは月の近くに存在していたとされる探査機の話でブラックナイトとは無関係である。
ダンカン・ルナン氏が何らかの圧力をかけられていたのかも知れないが、それは誰にも分からない。

宇宙ゴミの可能性

ブラックナイト・サテライトが発見されたのは1960年でアメリカやロシアがやっと宇宙事業に乗り出した頃。
両国の技術水準を大きく上回っていたとか、ニコラ・テスラが電波を受信していた等の情報もありますがソースは不明。

可能性として考えられるのは二つ。

古代文明もしくは異星人の産物
公式発表していないだけで、1960年以前からテストとしてアメリカ、ロシアが打ち上げていた

超古代文明ファンとしてはアトランティス大陸の産物と信じたい

1万3000年前というと伝説のアトランティス文明。なのでそう信じたい部分もあるが、現状分かる範囲では可能性は低いかな?という結論です。

しかし、理解不能なオーパーツが見つかっていることも確か。
まだまだ夢は持てそうです。

ブラックナイト・サテライトの考察動画

www.youtube.com

広告を非表示にする